FC2ブログ

本日のお買い物

エルゴトロンHX
エルゴトロンHX
画像はアマゾンから拝借。先日注文したサムスンのモニター C49HG90 は、重量15kgとかなり重いです。今まで使っていたエルゴトロンLXの耐荷重が11.3kgまでのため、エルゴトロンHXをアマゾンで購入。これは耐荷重19.1kgなので範囲内です。3万4千円ほどでLXの倍以上の値段です。メチャ高いような気が。



steamで、Kenshi、HITMAN2-Gold Editon、Vampyr + 追加コンテンツを購入。
Kenshiは選ばれし者でもなんでもない普通の人が世紀末に生き残りを図るRPG、序盤苦労しそうですが現実っぽくて楽しそう。Vampyrはその名の通りヴァンパイアが主人公のアクションRPG。HITMAN2はステルス系アクションで前作終わらせてないのに購入。日本語非対応になってますが、日本語字幕ありますね。ちらっと立ち上げてみたらデフォで三画面のアスペクト比16:3に対応していて結構綺麗。


スポンサーサイト

ゲームのリアル感と視野角

au-feature-c49hg90-79105372.jpg
Samsung C49HG90 (2017)
写真はサムスンのウェブから拝借。去年サムスンから発表されたスーパーウルトラワイドモニタ。ずっと気になっていたんですがアマゾンで輸入できるようになったようなので先日ポチってみました。FHDを二枚横に並べた大きさで解像度3840×1080、144Hz駆動、その他諸々の先進性能。それよりも、実サイズで画面が1195.8×336.3mm、これが目を引きました。横幅おおよそ1.2メートル。現在のトリプルモニタ構成で横は約1.6メートルです。前回アマゾンでポチって試したLG ゲーミング ディスプレイ モニター 34UC89G-Bが横幅約0.8メートル。なぜ横幅にこだわるのかと言うと、左右視野角がゲームのリアリティに大きく関係するからなんです。視野角がある一定上に広くなると画面が広く見えるというだけでなく、ゲームの中で実際に前進しているような感覚、飛び降りた時のふわっと浮く感じといった身体感覚も感じられるようになるのです。モニターの横幅の広さがゲームでの実在感に大きく関係する話を以前書きました。視覚誘導性自己運動感覚 (vection ベクション)といって、隣の列車が動くと自分が乗っている列車が動くように感じる感覚、あるいはテーマーパークの映像アトラクションで実際に飛んでいるように感じるあの感覚ことですね。モニターに映る画面の単純な視覚情報に自己運動感覚が加わることで、まるでゲーム内に居るような身体感覚を得ることができ、それによってゲームのリアリティ感が大きく増すわけです。そしてそのベクションは左右の視野角に大きく依存しています。視野角が80度を超えたあたりからベクションが強くなるのです。そこでカシオの計算サイトの出番です。

bandicam 2018-12-06 20-08-53-220
上の図の赤いポッチが目の位置。三角形の底辺がモニター画面半分ですね。私の環境だと目から画面までの距離が約80センチ。この距離でゲームでの自己運動感覚を出せる視野角80度を得るためには、三角形の底辺67センチx2=134センチ、約1.3メートルのモニターの横幅が必要になります。今の三画面環境だと1.6メートルなので十分ですし実際にゲーム内での自己運動感覚によるリアル感もバッチリです。前回試したLGの34UC89G-Bだと0.8メートルで全く足りません。この大きさだと情報量はFHDに比べて当然増えて広々感はありますが、それがゲーム内に居るような自己運動感覚にまでは結びつかない微妙に残念なサイズです。で、今回ポチったサムスンのC49HG90は横幅1.2メートルで80度の視野角を得る1.3メートルに多少足りませんが、リアリティを感じる自己運動感覚は出せそうで期待大です。これが三画面の代替になればかなりgoodです。現状三画面設定のためのnvidia surroundがゲームの制約になっている場合があるのでいろいろ苦労させられていますが、三枚モニターを一枚に集約できればその制約がなくなります。ただし、サムスンのモニター事業は日本から撤退しているので、このモニターは輸入になります。不具合が出た時にちょっと心配。来週届く予定なのでその時また書きます。いずれ他社からも出るでしょうし私のように人柱希望でなければそれまで待つのが良さそうです。


Call of Cthulhu

CallOfCthulhu 2018-12-01 22-20-26-468
Call of Cthulhu (2018)
イントロ部分の悪夢の中?でしょうか、アンリアルエンジンでなかなか綺麗です。三画面にはデフォでは対応していません。
C:\Users\%USERNAME%\AppData\Local\CallOfCthulhu\Saved\Config\WindowsNoEditor\Engine.iniをテキストエディタで開いて、以下を追加。

[/script/engine.localplayer]
AspectRatioAxisConstraint=120

120はfovなので各自自然に見える値に設定。


JCB復活

JCB復活
しばらくsteamだけJCBが使えなかったんですが、先程試したら使えるようになってました。使えなかったのはsteam側がなにかやらかしたらしいという話もありますが詳細は不明。カードが使えなかった間リストに放り込んでおいたゲームをまとめて購入。買ったのはホラーで評価の高かったVisage、MS定番のJust Cause4、カルトな人気を誇るクトゥルフ神話に基づいたホラーCall of Cthulhu、これも定番のシリーズ Asassins Creed Odyssey、高評価で日本語対応の探偵ものアドベンチャー Painscreek Killings。Just Cause4はまだロック中ですね。合計100GB超えを一気にDL。個人的に期待しているのはCall of Cthulhuですが日本語なしが厳しいかも。Asassins Creed Odyssey は、前作がSLI非対応で見たこともない低fpsで笑ってしまったので、今作もDL後すぐにデフォ設定でベンチにかけてみましたがやはり平均5fpsと悲惨。ということでそのうち1080Ti 二枚から2080Ti一枚に変えたらまたやってみましょう。

RTX 2080 Ti

名称未設定 1
MSI GeForce RTX 2080 Ti GAMING X TRIO グラフィックスボード VD6722 (2018)
以前書きましたがGTX1080Ti二枚刺し環境で、スロットが干渉してサウンドブラスターが入りません。音楽も聴くのでオンボードは使いたくないためしばらくUSBducを経由した2ch環境でやってました。ハイレゾ音源など購入してCD音源と聴き比べたりこれはこれで楽しかったわけですが、音量の調節やゲームの面では使い勝手が今一つのためスロットを一つ開けるべく、これを買いました。SLIから一枚刺しになるのでちょっとでも速いコレにしましたが、ビットコインのバブルが弾けたわりにまだお高いです。Asusの奴が年明けになりそうなので、MSI。数日で届きました。これでサウンドブラスターが挿せます。





tunebrowser01.jpg
TuneBrowser
ゲームと関係ない話です。音楽の再生ではfoobar2000が私のデフォだったのですが、オリジナル再生エンジンで音も秀逸なTuneBrowserに最近乗り換えました。簡単にDSDなどハイレゾ音源を再生できて見た目も動きがあって楽しい音楽管理再生ソフトです。これはお薦め。ただしASIOまたはWASAPIに対応した再生機器 (DAC) が必要で、無料版だと500曲までの管理になります。